〒241-8515 横浜市旭区中尾2-3-2
TEL:045-520-2222 FAX:045-520-2022
 
 
 
HOME > 医療関係者の方へ

医療関係者の方へ

近隣・近県の病院の先生方へ(患者さんをご紹介ください)

   当大腸外科では、部長 塩澤 学をはじめとする経験豊富な外科スタッフが、大腸がんの外科治療を行っております。 ご紹介いただいた患者さんは、初診から入院、手術、術後の外来フォローまで、スタッフ外科医が責任をもって対応いたします。また、紹介された患者さんの速やかな治療開始を常に心がけております。
   抗がん剤専門医の所属する腫瘍内科、消化器内科とともに連携してチーム医療を推進しておりますので、どのようなケースでもご相談いただければ対処いたします。

   当科では、大腸がんの根治性を最も重要視しているところですが、さらに術後のQOLも考慮し、個々の患者さんのニーズに応えるべくバランスのよい治療を心がけております(テーラーメイド治療)。
   低侵襲手術として腹腔鏡手術、機能温存手術として肛門括約筋温存手術(永久人工肛門の回避)や自律神経温存手術、一般病院では切除困難な症例に対する根治を求めた拡大手術など先端医療を提供しております。
   また、進行、再発大腸がんに対する化学療法を選択する際の参考検査として抗がん剤感受性試験および治療関連遺伝子検索を実施しております。大腸外科にて大腸がんを手術した際に生のがん細胞を採取してどの抗がん剤がより効果をもたらすかについて検索したり、がん細胞のall ras検査はもちろんのことBRAF,PIC3CAなど一般の病院ではできない専門病院ならではの治療関連の検査を受けることができます(注意:他院での手術症例検体ではできないものになります)。

   大腸がんは手術治療が基本的なものですが、特に進行がんに関しては、外科医、腫瘍内科医、消化器内科医、放射線腫瘍医のチーム医療が必要となることも少なくありません。当科では定期的にチームでのカンファランスを行い、患者さんにとって最良の治療は何かを考慮して治療を行っております。
   当院では、大腸がん治療に関して消化器内科、消化器外科大腸、腫瘍内科のいずれの科にご紹介いただいても対応いたします。病状によっては外科に直接ご相談いただいても結構です。

   手術の待ち時間の平均は、当科受診から0~2週を目標としております。
また、腸閉塞の合併や高度進行がんなど緊急を要する患者さんについては、直接大腸外科にご紹介いただけますと、可能な限り早期入院・早期手術とさせていただきます。


   ぜひ、先生の大切な患者さんを神奈川県立がんセンターにご紹介ください。